引っ越し 見積もり

引っ越し業者それぞれの公式サイトにも見積もりページはありますが、一括見積もりサイト(無料)が一番便利でおすすめ


何故なら、一度の入力で各社の見積もりが取り寄せることができ、各社の料金を比較して一番安い業者がわかるからです。

つまり、引越し先の住所や荷物の量などの情報をインターネットで入力することで、サカイ・アート・アリさん・日通・ヤマトなど人気の業者から地元業者まで一度に見積もり依頼ができて、あなたの引越しタイミングで、どこが一番安いかがわかるのです。

こちら => 引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!


一括見積もり比較サイトはいくつかありますが、ココは引っ越し費用がどの程度・範囲なのかをざっと知りたい方に一押し! 見積もり依頼と同時に「料金相場」もわかりますから。

サービスの流れはカンタン3ステップ♪


ステップ1. 引っ越し情報等を入力して見積もり依頼!

  単身 (女性の単身/一人暮らしにも)
  ファミリー・家族 (高級家具・ピアノなども)
  オフィス・事務所

の引っ越しに対応しています。

ステップ2. 複数の業者の見積もりを比較検討!

ステップ3. 希望の引越し業者を選択・決定!


具体的な見積もり依頼の流れ ↓ ↓ ↓

まず現住所の郵便番号入れて、引っ越し先の都道府県を選んで、引っ越しタイプを選択し、[クイック見積もり]押すと画面が切り替わります。

次に、「現住のお住まい」の必須項目の番地を入れて、建物タイプを選びます。「引っ越し先のお住まい」の必須項目の市区町村を入れて、[引越し希望日入力へ進む]を押すと次の画面に切り替わります。

そして、引越し希望日を入れて(出発日が決まっていない時は「上旬・中旬・下旬」から選べます)、お客様情報にあなたのお名前・フリガナ・電話番号・メールアドレスを入れて、[家財情報の入力へ進む]を押すと次の画面に進みます。

最後に、荷物情報を入れます。ここでは、家具や家電・その他運搬を依頼したい荷物の数量を選択します。決まっているものだけでも構いません。引越し業者に依頼したい作業もここで選びます。荷物詳細が決まっていない時や訪問見積もりを希望される方はそのまま次の確認画面へ進みます。

あとは確認画面で入力内容をチェックして、[一括見積もり依頼する]を押すと依頼完了です! (依頼完了すると、「あなたと似た内容の料金相場」が表示されます)

こちら => 引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!


より安い引っ越しをするには


時期・曜日を柔軟に考えるとより安い引っ越しができるかもしれません。
引っ越し繁忙期は料金が高めになります。これは容易に想像できますね。新年度や新学期などを迎える2月下旬~4月上旬は、『引越繁忙期』と呼ばれ、1年で最も引越しが集中する時期。この時期は、どの業者も通常よりも高めの料金設定になっています。可能であれば、この時期の引っ越しは避けることがおすすめです。

平日を選ぶと割安になります。引っ越し作業は、土日・祝日に希望者が集中するため、料金も高めの設定になっています。平日の引越しは料金が安くなるので、オススメです。

大安吉日などの日取りにも注意しましょう。これも、昔から日取りのよい日は人気がありますよね。中でも『大安』は、料金が高く設定されている場合もあります。業者によって違いますので、事前に確認しましょう。

☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆


○○便のご利用も♪


チャーター便の利用。自分出来る範囲は自分で!友達や家族を巻き込むタイプは『チャーター便』利用がオススメ。チャーター便は、業者にトラックとドライバーのみ出してもらい、搬送の部分だけをしてもらうサービスのこと。

フリー便の利用。近距離の引っ越しに向いているでしょう。引っ越し業者は1日の時間帯を大きく『午前便』『午後便』『フリー便』の3つに分けていますが、この中で一番安くなるのが『フリー便』です。

混載便の利用。他の人の荷物と一緒に搬送するプランですね。人件費や燃料費、高速代などが割り勘になるため、料金が半額になることも。

帰り便の利用。引っ越し後のトラックは普通空っぽですよね。その空いたトラックに現地で荷物を積んで帰るプランを『帰り便』といいます。人件費や燃料費のムダを防ぐことができるため、料金が安くなります。長距離の引っ越しの方にはとってもおトクになります。





☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆